ヨシ展示 琵琶湖博物館③

琵琶湖博物館では、カヤネズミの展示を行っていました。今は、新しく生まれた子どもも含めて、7匹のカヤネズミがいるそうです。
はらっぱを歩いていたら、よく、ボールのような巣を見つけることができるのですが、実際に草原の中で動いているのを見つけるのは難しいでしょう。葉っぱと葉っぱを伝うカヤネズミを気軽に見れるのは嬉しいですね。

p_20161008_130541_ll_1

そして、ヨシのトンネルを抜けたところに見つけたこの景色が素敵でした。

p_20161008_132200_1

下の階の水族展示室に繋がった吹き抜けがあるのですが、まるで琵琶湖をそのまま切り取ったような絵になっていて、その気になれば、魚の動きやヨシのゆらぎなどを見ているだけで1日過ごせてしまいそうです。

そうそう、ヨシのトンネルですが、すごくよくできたジオラマでした。
バイカルアザラシをじっくり見すぎてちょっとお疲れ気味だったので、あまり写真がなく少し後悔しています。

みなさんはぜひ、ジオラマもいいですが、ホンモノのヨシ原を堪能してください。
そうすれば、ガラス越しじゃないカヤネズミに出会えるかもしれません。

p_20161008_130215_ll_1

さて、明日(もう今日になってしまいましたが)からは第11回草原サミットです。
ススキ輝くはらっぱが待ってますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>